純朴という名の郷愁 — Chapter: 03「悲光」

チェコの写真家の作品はどれも独特の冷たさ を漂わせる。だがプラハの写真家、ジョセフ・スーデックの写真からだけは温もりを感じてきた。

戦争で片腕を失うという悲痛を抱えながらも、写真を撮り続けた彼の小さなアトリエは、この先の扉を抜けたところにある。

そこに向けて歩みを進めようとしたとき、私の目に美しいリフレクションが映った。

私は足を止め壁に近づいた。この光はスーデックからの贈り物だ。そう思いながらカメラを向ける。

  • Chapter: 01「命聲」
  • Chapter: 02「悲哀」
  • Chapter: 03「悲光」
  • Chapter: 04「純朴」

Concept

Special Column

Features

Specifications

Gallery

Download

Page Top
CONCEPT
COLUMN
FEATURES
SPECIFICATIONS
GALLERY
DOWNLOAD
SIGMA CAMERAS