純朴という名の郷愁 — Chapter: 02「悲哀」

プラハに注がれた光は、なにか強い哀感をまとって反射し、色を少し濁らせながら私に届いている。

ここでは、目に入るすべてのものが、なにか薄い膜に包まれているように感じるのだ。

直接見ること、触れることを許さないような、飴色の薄いガラス越しのようでもある。それが確かにそこにある、と感じるのだ。

それは、この古都が誇る栄華の歴史の裏側ではないだろうか。

土台となった市民たちの、哀しみや痛みの積層が、私の眼には映るのだ。

  • Chapter: 01「命聲」
  • Chapter: 02「悲哀」
  • Chapter: 03「悲光」
  • Chapter: 04「純朴」

Concept

Special Column

Features

Specifications

Gallery

Download

Page Top
CONCEPT
COLUMN
FEATURES
SPECIFICATIONS
GALLERY
DOWNLOAD
SIGMA CAMERAS