純朴という名の郷愁 — Chapter: 01「命聲」

この時期のプラハの落葉は、他国で見るものと大きく違う。それはたとえば柳のように、紅葉しないままに葉を落とす樹木が街に多いからだと思う。

一面に広がる緑の絨毯は、もっと陽を浴びていたいであろう木々たちの声が響いてくるようで、痛々しく、愛おしい。

私は、すがりつくような一枚の葉に気づき、歩み寄ってカメラを向けた。

  • Chapter: 01「命聲」
  • Chapter: 02「悲哀」
  • Chapter: 03「悲光」
  • Chapter: 04「純朴」

Concept

Special Column

Features

Specifications

Gallery

Download

Page Top
CONCEPT
COLUMN
FEATURES
SPECIFICATIONS
GALLERY
DOWNLOAD
SIGMA CAMERAS