晩秋のプラハは日が短い。太陽も頭上高くには昇らず、重い曇天の合間から弱々しい光が射し、そこに色はあるけれど、すべてのものをモノクロームの世界へと同化させていくように感じられる。

だが、 SIGMA DP3 Merrillに搭載されたFoveon X3ダイレクトイメージセンサーは、すべての光を一切捨てないから、まるで色がないと思えるような情景であっても、そこにある微細な色をきっと記録することだろう。

雲間から覗いた太陽が川を黄金色に染めはじめた。シルエットとなった鉄橋が美しく浮かび上がる。

  • Chapter: 01「命聲」
  • Chapter: 02「悲哀」
  • Chapter: 03「悲光」
  • Chapter: 04「純朴」

Concept

Special Column

Features

Specifications

Gallery

Download

Page Top
CONCEPT
COLUMN
FEATURES
SPECIFICATIONS
GALLERY
DOWNLOAD
SIGMA CAMERAS